コンテンツ一覧

ハイレバレッジで運用可能

お金

ハイレバは危険ではない

海外fx業者を選ぶ理由で多いのが、日本国内の業者にはないハイレバレッジが使えることです。しかし、多くの人はハイレバレッジの海外fx業者はリターンを大きく得ることができる反面リスクも高いので危険、危ないといったイメージを持ちがちです。確かに、ハイレバレッジでの運用は危険であり日本国内は金融庁の規制で25倍以下に制限されています。危険ではあるのですが、トレードが上手くいけば資金を何倍にもすることができます。日本国内だと、1米ドル円を1万通貨で運用しようと思ったら最低でも5万円は必要になります。ですが、5万円しか証拠金を入れていないと、すぐに証拠金を下回ってしまうこともあります。それが、海外fx業者である場合レバレッジ100倍にしていれば同じ5万円でも10万通貨まで運用することができます。そうなると利益率も10倍になります。日本国内の業者でよく聞くのが、証拠金を下回ってそれを弁済するために借金をすることになったという話です。実際には、証拠金を下回り期限まで追加入金しないと強制ロスカットされるだけですので、証拠金以下に下回って借金までして弁済をするというケースは少ないです。しかし、急激な相場変動などによって強制ロスカットが間に合わないということが稀にあるのです。預けた証拠金以上に損失が出ます。こういったことがあるので海外fx業者のハイレバレッジは危険と思われがちですが、ゼロカットシステムがあるので損失が出ても残高を0に業者がしてくれます。損失は業者が負担しています。ゼロカットシステムが作動すると証拠金がないので運用できなくなりますが、再度入金すれば再開させることができます。